雨漏りという欠陥

雨漏り


欠陥住宅の事例として最も多いものです。その原因は様々なものがあり、
解決が困難な場合も多くあります。

建物が老朽化し、修繕を繰り返していくうちに、継ぎ目部分の劣化が
さらに進んでしまったなどと、原因が推測される場合はまだよい
のですが、新築住宅で雨漏りをする場合には、根本的に建築方法の
欠陥があることも考えられます。

雨水が侵入する理由は、屋根材そのものの不良、不良工事、
壁からの侵入が考えられます。

コーキング補修だけで改善するのか、下地などのずれによるもの
なのかを的確に判断する必要があります。

バカに出来ない?住宅業者のカタログ

カテゴリ関連記事一覧


 
Copyright © 2007~2013 一級建築士が話す欠陥住宅対策室. All rights reserved