住宅業者のカタログでも役に立つ?


「住宅業者のカタログなんてキレイに見せた家ばかり、
カタログ取っても意味がない」


結構みなさんも住宅業者のカタログって、
こういうイメージを持っていませんか?


少なくともワタシはそうでした。
マンションや住宅のカタログは「キレイな家の写真」が
見られるだけの冊子だと。


実際、家を建てるとき、いくつかの住宅業者の
カタログを取り寄せましたが、ほっとんどの会社が、
ただキレイな家がズラ〜っと載っているだけです。


ただ、その中で唯一「へ〜」と思わされた会社があります。
CMでも有名なセキスイハイムですね。


いや〜、最初見たときは驚きましたよ。
セキスイハイムのサイトから申し込んだんですが、
なんせカタログが多いんですよ。


「おいおい、どのカタログを申し込むんだよ」ってね(笑)


実際に見てもらったらわかりますが、50種類ぐらいのカタログが
用意されていました。


セキスイハイムの無料カタログ申し込みページ
http://www.sekisuiheim.com/materials/materials.shtml


3つまで申し込める中から、ワタシが選んだカタログは・・・


・60年長期サポートシステム
・楽家事ブック
・ハイム・建築実例集


以上の3つです。


「楽家事ブック」とか、家がどうのというよりも、
家事がラクになるのか?ということばかりが気になって、
迷わず申し込みました(笑)


いや〜、いままでワタシが見てきた住宅販売カタログとは
全く違いましたね。「60年長期サポートシステム」などは欠陥住宅を防ぎ、
理想の家を建てるための自信にもなりました。


まぁ、カタログを申し込んだら絶対に家を買わなきゃいけないという
わけでは無いので、興味がある方だけ申し込んでみてください。


セキスイハイムの無料カタログ申し込みページ
http://www.sekisuiheim.com/materials/materials.shtml


ちなみにワタシたちが最終的に住宅購入を決めた会社は、
三●ホームだったのはナイショです(笑)

バカに出来ない?住宅業者のカタログ

バカに出来ない?住宅業者のカタログ

カテゴリ関連記事一覧

 
Copyright © 2007~2013 一級建築士が話す欠陥住宅対策室. All rights reserved