専門家のアドバイスをうける

専門家


◆専門家のアドバイスをうける
ハウスメーカーや建築業者に住宅建築を依頼した場合、あまりされ
ないことですが、第三者の専門家にアドバイスを受けることも、
失敗しないためには必要です。

インフォームド・コンセント(informed consent)とは、
もっぱら医療行為について使われる言葉ですが、建築においても
十分に説明を理解した上で合意することが大切です。

契約書の効果というのは絶対的なもので、民法による規定でも、
「契約書のほうが有効」とされる内容のものも多いので、専門知識
をもつ第三者によるアドバイスを受けることは、予防という点で
とても有効です。

その場合、契約の前、検査の前、引渡しの前などタイミングが重要です。

専門知識を持つ者とは、建築士、施工監理技師、弁護士等の資格です。
その中でも、建築士法により、工事監理、建築工事契約に関する事務、
建築工事の指導監督、建築物に関する調査・鑑定、建築に関する
法令・条例に基づく手続の代理などの業務を行うのは、「建築士」で
ないと行えない、と決められています。

バカに出来ない?住宅業者のカタログ

カテゴリ関連記事一覧


 
Copyright © 2007~2013 一級建築士が話す欠陥住宅対策室. All rights reserved