工事請負契約の書類

工事請負契約


◆工事請負契約の書類
請負契約時の書類は、契約書や設計図面、見積書などで構成され
ています。

一般的な住宅は、建築業界の中でいえば、小さな仕事です。
とはいえ、ふつうの人が購入するものの中では、非常に高価で一生に
一度のことですよね。

トラブルに巻き込まれないためには、準備の段階が肝心です。
契約に至るために必要な書類の内容を十分に確認し、契約に臨みましょう
契約書類に、きちんとした設計図書をそろえず、また見積書の内容も、
大雑把で、工事中にかなりの変更が起こりうるだろうという業者もあります

契約書は必ず、図面・仕様書・見積書を一体にして、
製本しておかなければなりません。

契約書類には次のようなものが必要です。

<工事請負契約書>
当事者双方の氏名、工事内容、請負代金、支払方法について
着手・完了・引渡しの時期等を取り決め、記載する。

<工事請負契約約款>
契約書には表しきれない、細部の約束事が記載されている。
双方に不利益な項目、文章がないかをチェックしておかなければ
ならない。(民法や、品確法を参照にする)

<工事見積書(内訳明細書)>
工事の見積もりが記載されている。
使用する材料・設備などの詳細がない場合、契約後の変更が難しく
なるので、概算見積もりで契約することは危険。
特別に追加した工事が、予定通り行われるか、見積もりに金額が
含まれているかについても、必ず確認しておく必要がある。

<設計図書>
工事する上でもっとも重要な書類。建築士でないと作成することが
できない。一般的には、配置図、平面図、立面図があるが、実際の
工事には断面図、建具表、給排水設、なども必要となる。契約書で
省略されることもあるので、注意。

設計図書の種類と内容(木造住宅の場合に必要なもの)

◎付近見取り図 … 現場付近の見取り図、隣地との関係など記載
◎配置図 … 建物が敷地の中に、どのように配置されているか
          道路との関係、方角との関係などを記載
◎面積表 … 敷地や建物の面積、容積率・建ぺい率の計算
◎平面図 … 間取り、通し柱や筋違の位置、採光のチェック
◎立面図 … 東西南北からみた建物の外観図、
◎断面図 … 物を縦に切った断面、高さ関係のチェック
◎矩計図(かなばかりず) … 断面詳細図のこと。
◎基礎伏図 … 基礎の仕様、アンカーボルト、換気孔の位置
◎床伏図 …  一階土台や二階以上の梁、根太など床組み仕様
◎小屋状図 … 屋根下地の小屋の骨組みの仕様
◎軸組図  … 躯体部分(柱、梁、筋違い)の位置、大きさ、
材料などを記載
◎展開図 … 室内から見た壁面、窓やドアの位置、天井の高さ、
仕上げの素材などを記載
◎建具表 … 建具(ドアや窓、襖など)の素材、大きさの一覧表
◎設備図 … 電気配線、給排水、ガスなどの配線や配管の図面
◎仕上げ表 … 内装材、外装材の素材、使用方法などの一覧表
◎工事仕様書 … 図面に表しきれない詳細事項を文章にて記載したもの
一般的に共通標準仕様書と特記仕様書の二種類ある。

バカに出来ない?住宅業者のカタログ

カテゴリ関連記事一覧


 
Copyright © 2007~2013 一級建築士が話す欠陥住宅対策室. All rights reserved