建築工事

建築工事


■建築工事

住宅とて「物」なのですから、購入するときには資金が必要です。
しかし、非常に高価なものであること、特に新築住宅の場合は、
十分に見て選ぶことができないため、単なる「物品購入」とは質が
違うことになります。

まず、家を購入する…というよりは、「家を建てる」という意識を
持たなければなりません。実際に大工道具を持って建築するのは
施工業者の職人なのですが、お金を出す人が「建てる」という意味あい
をもつ商品は、ほかにはそうないですよね。

家を建てようと思う人(施主)は、自分の代わりに図面を用意して
実際に家を建ててくれる技術者を探さなければなりません。
住宅以外の建築物の場合、たいてい施主はまず「建築士」に設計の
依頼をし、建築士とともに吟味しながら「施工者」の選定を行います。

ところが住宅の場合の多くは、施主はいきなり「施工者」を
選ぶことが多いようです。

それは、地元の工務店だったり、ハウスメーカーだったりします。
テレビのコマーシャルや、新聞・雑誌広告などでは、車・衣類・
食料品…などと並んで、住宅の広告もたくさん目にします。

また道を歩いていても、工事中の住宅に大きな看板が掲げられており、
このメーカーはこんなデザインの住宅を建てるんだ…という
とても効果の高い広告をだしているのです。

では、それらの施工業者をどのような基準で選べばよいのでしょう。
大手のハウスメーカーや工務店など、上場している企業だと
安心でしょうか?

地元の工事をたくさんこなしている工務店が安心なのでしょうか?

今は、悪事を働けばすぐにネット上などで悪評が流される時代です。
その分、逆に悪事を行う土壌も幅広く、素人には、何が良いのか
何が安全なのか、判断に困ってしまう事もありますよね。

大手のハウスメーカーは実績が多く、システム的にも受注から納品
までの流れが、規格されているため、いわゆる「一般的」だという点では
安心感があります。ただし、何か特別なことをしようと思うと、
規格外になる、なかなか思うように進まないことも出てくるでしょう。

そういう点では、地元の中小工務店は融通がききます。
組織のトップから現場のお兄ちゃんまで、顔が見えるおつき合い
というのは、確かなものを作っていこうという信頼関係が築かれます。
信頼関係がしっかりしていると、後々の住まいのメンテナンスに
ついても安心でしょう。

また、後々詳しく説明していきますが、よい建築工事を行うために
必要なのは、しっかりした監理責任者がいるかどうかです。

住宅建築では・・・

・施主
・建築士
・施工者
の三者のバランスによって、よりよいものができます。

では実際の工事現場に、毎日施主が訪れて、現場チェックしたとして、
よりよいものができるのでしょうか。

現場に必要なのは、優秀な・現場監督・現場監理者です。

大きな工事では、建築士が監理業務を行います。
施工業者の方から現場監督者を出します。

設計と監理は建築士の行う業務ですが、内容が異なるため、
通常は別々に請負契約されます。

ところが、住宅の場合は・・・

施主 → 建築士 → 施工業者  という発注の流れよりも、
施主 → 施工業者 → 建築士  という流れの方がほとんどです。

本来、「お客様の意思」をかみ砕いて「施工業者に伝える」仕事の
建築士を、施工業者(ハウスメーカー)などが抱えていることが
多いのです。

ですから、現場監督の仕事と監理業務の境目が非常にあいまいに
なります。

ハウスメーカーに建築を依頼するとします。

どんな家にしようか相談する段階では、設計担当者とのお付き合い
になりますが、確認申請が出され、いざ工事になると工事担当者に
引き継がれることになります。

監理業務と言うのは、設計図面を作った人(もしくはきちんと理解
している人)が、設計図通り(打ち合わせどおり)に施工されるか
どうかをチェックしていく仕事です。

工事担当者(現場管理者)は、職人をうまく使い、工事日程を調整する
こと仕事ですから、本当は「管理」と「監理」の仕事を分けなければ
いけません。

とある大手ハウスメーカーでは、一人の営業マンが受注から設計完成
メンテナンスまでをずっと担当する方式でした。営業マンを通して
建築士との打ち合わせ、営業マンを通して現場監督との打ち合わせ
営業マンを通してアフターサービスを依頼する、というわけです。

施主の方からすると、長い付き合いになるので、だんだん気心も知
れ、言うべきことを伝えられるメリットがあります。信頼できる
一人の人がずっと携わってくれることは、とても大きな安心感と
なり、それがここのメーカーの売りでもありました。

ただ問題は、サラリーマンである彼らには転勤があるということでした。
その点で、一生のお付き合いができる身近な工務店も、
根強く人気があるのでしょう。

バカに出来ない?住宅業者のカタログ

カテゴリ関連記事一覧


 
Copyright © 2007~2013 一級建築士が話す欠陥住宅対策室. All rights reserved