カビが生えてきた〜!

風呂場のカビ


カビとは、菌類の1種で、
・温度
・湿度
・酸素
・栄養源
の、四つの条件によって発生します。
これは、人間が生活していく上で必要な要素と同じなので、人間が
生活していく空間で、カビの発生を抑えることはとても難しいとも言えます。

対策の効果的な方法は、カビの栄養源を立つ=掃除によって生活
環境を清潔に保つことが必要となります。

防カビ剤を使用することで効果を得ることもできますが、永久的な
ものではないこと、また化学物質により環境汚染の原因になることに
注意しなければなりません。


カビの原因


◆換気不足
床下や室内の換気不足によりカビは発生しやすくなります。

◆湿気による発生
湿気は、
・雨漏り
・結露
・キッチンや浴室、トイレなどの水廻り
などによって発生します。
特に押し入れ内部など、換気が十分に行き届かない場所、北側の
外壁面など常に低温・多湿となりやすいところなどには注意が必要です。

◆栄養源
壁紙を貼り付ける際のノリ、タイル・パネルの目地などにはカビの
栄養源となる成分が多く含まれています。
素材自体を取り除くことは不可能なので、定期的な清掃作業が必要です。

◆断熱材不足
建設設計に問題があり、環境に対して断熱材が不足すると、
多様に湿気が発生し、よってカビの発生しやすくなります。

バカに出来ない?住宅業者のカタログ

カテゴリ関連記事一覧


 
Copyright © 2007~2013 一級建築士が話す欠陥住宅対策室. All rights reserved