住宅性能表示制度

住宅性能表示制度


住宅性能表示制度

 
住宅性能表示制度とは、平成12年4月に施行された
「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)に基づき、
開始された制度です。

住宅の基本的な性能を、統一したルールにのっとって評価し、住宅
の購入者、使用者が比較・判断できるように、表示を行います。
また表示の方法や基準などの詳細を定めています。

一般消費者が、安心して住宅を取得できるようにする制度で、安心
に住宅を建設、または購入するための、ひとつの目安となります。

表示内容は・・・

・新築住宅
・既存住宅(中古住宅)

によって違いがありますが、いずれも「安心」と「安全」を基準
にしています。

基準の主な項目は・・・

・構造の安全
・火災時の安全
・劣化の軽減
・温熱環境

など大きく10分野のカテゴリーに分けられています。
その評価は国土交通大臣が指定する住宅性能評価機関が
行っています。

国土国土交通省、住宅局のホームページ


住宅性能表示の内容


基準の主な項目は・・・

・構造の安全
・火災時の安全
・劣化の軽減
・温熱環境

など大きく10分野のカテゴリーに分けられています。

1・構造の安定に関すること
地震・風・積雪などに対する建物の強度を規定しています。倒壊の
しにくさや損傷の受けにくさを数値にし、等級が高いほど地震など
に対して強いことを意味しています。

2・火災時の安全
火災に対する安全性について、建物の構造と必要設備(警報装置や
排煙設備など)の両面から、判断します。住宅の中で火災が起きた
ときに、安全に避難できるために、燃え広がりにくさ、避難のしや
すさ、延焼のしにくさなどを評価します。

3・劣化の軽減
柱や土台などの耐久性について、躯体が傷まないようにするための
対策の程度を評価します。等級が高いほど、耐久性が高いことを
意味しています。

4・維持管理・更新への配慮に関すること
配管の点検、清掃や補修のしやすさ、を評価します。
等級が高いほど配管の清掃や補修がしやすいことを意味しています。

5・温熱環境に関すること
省エネルギー対策について、暖房や冷房を効率的に行うために、
壁や窓の断熱などがどの程度されているかなどを評価します。
等級が高いほど省エネルギー性に優れていることを意味します。

6・空気環境に関すること
ホルムアルデヒド対策と、換気設備の面から評価されます。特に、
シックハウスの原因となるホルムアルデヒドに対して、接着剤を
使用している建材の使用状況や、どのような換気設備が整えられて
いるかが、評価の対象になります。

7・光・視環境に関すること
建築基準法にも記載されている窓の面積について、具体的な数値を
あげて評価されます。東西南北及び上方の5方向について、全ての
窓が対象になります。

8・音環境に関すること
マンションなどでトラブルになる騒音に対する遮音対策です。
主に共同住宅の場合に重要な評価項目とされ、上階からの音や下階
への音、隣の住戸への音などについて、その伝わりにくさを評価
します。一戸建て住宅では、あまり重要視されないため、省かれる
こともあります。

9・高齢者等への配慮に関すること
高齢者や障害者への配慮を数値化した基準です。バリアフリーの
度合い(出入り口の段差をなくしたり、階段の勾配を緩くしたり)
や、暮らしの配慮がどの程度されているかを評価します。

10・防犯に関すること犯に関すること」(開口部の進入防止対策)
不審者の侵入防止対策として、外部開口部(ドアや窓など)に、
防犯上有効な建物部品や雨戸等が設置されているか、を具体的な
数値をもって評価する。

バカに出来ない?住宅業者のカタログ

カテゴリ関連記事一覧

 
Copyright © 2007~2013 一級建築士が話す欠陥住宅対策室. All rights reserved