勾配のついた屋根からの雨漏り

屋根の勾配がきつい家


屋根の材料には、瓦・スレート・金属などの種類がありますが、
それらの材料を重ね合わせて雨水が上から下に流れるように施工
しなければなりません。


雨漏りの原因


◆屋根勾配が緩い
材料によって重ね合わせる部分の長さ、勾配が決まっています。
必要以上に勾配が緩い場合、雨水がたまり漏水の原因となります。

◆屋根材料のずれ、割れ、劣化、施工不良
これらの原因には、施工中の不注意によるものと、施工後の外的
要因(雪、風力、地震などの自然現象と屋根の上を歩くなどの人為
的原因)とがあります。

◆下地の施工不良
屋根材の下には必ず、防水シートを施工する必要があります。
防水シートの重ねしろ不足や、施工ミスにより重ねる方向を間違
った場合、雨水が浸透しやすくなります。

◆天窓や屋根飾りなどの接合部分
取付方法や、接合部分などに技術が必要とされ、十分に取付されて
ない場合に浸水が起こります。修復が困難です。

バカに出来ない?住宅業者のカタログ

カテゴリ関連記事一覧

 
Copyright © 2007~2013 一級建築士が話す欠陥住宅対策室. All rights reserved