欠陥住宅の調査項目

欠陥住宅の調査


物件やトラブルの内容によって調査項目は違います。
一般的な調査では次のような箇所について、
・目視
・破壊検査
・非破壊検査
等により、検査・調査していきます。

▲基礎
・基礎の沈下
・基礎のひび割れ、欠損

▲床下
・床板の沈み、たわみ
・床鳴り、きしみ
・結露、異常な湿気
・悪臭、カビの発生
・断熱材不良、設置不備
・木材の腐食
・金属疲労
・シロアリ発生

▲床
・床の傾斜
・床のたわみ
・床鳴り、きしみ

▲外壁
・外壁の傾斜
・外壁仕上げ材のひび割れ、欠損
・外壁仕上げ材のはがれ、浮き
・漏水
・建具の開閉、隙間
・シーリング材の破断

▲内装
・内装の傾斜
・内装仕上げ材のひび割れ、欠損
・内装仕上げ材のはがれ、浮き
・建具の隙間
・壁際(壁と壁、壁と天井)のひずみ、歪み、ひび割れ

▲天井
・天井のたわみ
・天井仕上げ材のひび割れ、欠損
・天井仕上げ材のはがれ、浮き

▲小屋裏
・木材腐食
・金属疲労
・雨漏り
・断熱材不良、設置不備

▲屋根
・屋根の損傷、変形
・屋根材のひび割れ、欠損
・屋根材のはがれ、ずれ、浮き

▲室内
・雨漏り
・漏水、漏水跡
・設備からの漏水
・排水不良
・結露、異常な湿気
・悪臭、カビの発生
・断熱材不良、設置不備
・建具の開閉不良
・空気汚染測定

▲設備
・排水に時間がかかる
・給水に勢いがない
・漏水跡がある
・電気設備
・換気設備

バカに出来ない?住宅業者のカタログ

カテゴリ関連記事一覧

 
Copyright © 2007~2013 一級建築士が話す欠陥住宅対策室. All rights reserved