瑕疵(かし)担保責任

瑕疵(かし)担保責任


■瑕疵(かし)担保責任

マンションでも一戸建て住宅でも、必ず契約書の中に「瑕疵担保」
という項目があり、その補償期間と適用内容が記されています。

瑕疵担保責任は・・・

★民法
★住宅の品質確保の促進等に関する法律(=品確法)
によって決められており、住宅購入の際には必ず説明する義務が
あるので、施主も耳にしたことはあるはずです。

もし、説明がなかったとしても、契約書の中に記されている事柄に
ついては、目を通しておく必要があり、施主としても「知らなか
った」では済まされないので、確認しておきましょう。

民法では・・・

★木造建築物 … 5年間
★鉄筋コンクリート造 … 10年間
の瑕疵担保責任が定められています。
しかし、契約書のなかで記された契約期間は、これよりも短いことが
あります。民法よりも、契約書の方が有効です。注意しておきましょう。

品確法では・・・

★住宅の構造上の主要な部分(基礎、躯体)
★雨もりの部分
に対して、引渡した日から10年間の瑕疵担保責任が定められています。
これも、契約書の方が有効です。

宅地建物取引業法(宅建業法)では、引渡しから2年以上という
規定なので、建物(業者)によって規定が異なることになります。
その建物を購入するときの契約書が優先となりますので注意して
おきましょう。

瑕疵とは、「予想できる欠陥」です。
ですから「予測不可能」なトラブルの場合、特に住人が原因による
トラブルの場合は、業者には補修責任はありません。

実際「予想可能」なトラブル…なんて、悪質意外のなにものでも
ないと思うのですが…。

多くの場合、自分の住んでいる建物が欠陥住宅だと断定するには
長い時間がかかります。

瑕疵担保の補償期間が過ぎているということも多くあります。

目に見えてわかる欠陥、明らかにひびが入る、雨漏りするなどの
場合、補修もスムーズにいくでしょうが、床が傾いている、湿気が
多いなど、なんとなく不具合を感じている状態からはっきり欠陥だ
と判断するには、段階を踏まなければなりません。

発見が遅れる可能性もあるので、とにかく不具合を感じたら調べて
みることが大事です。

欠陥住宅を未然に防ぐ・自分で守るといった考え方は、建築業者の
中では一般的です。ところが、当たり前だという認識があるから
こそ、素人をだますような悪質な業者があるのも事実です。

欠陥住宅トラブルというのは、住み始めてしばらくして発覚するものです。
ひびが入った、水漏れがしたなどと、明らかに瑕疵とわかるときは
すぐさま解決ができますが、なんとなく湿気っぽい、床がきしむ
ような気がする、傾いているような気がする…といったレベルの
ものは発見が遅れがちです。

住宅は高額な商品だけに、すぐにクレームとして施工業者に訴える
人もいれば、クレームに値するレベルなのかどうかと疑問を持ちながら
暮らしている人の数も相当あると思われます。

大きな地震が起こったり、耐震偽装など事件が起こるとテレビ番組
で欠陥住宅を発見する方法や、住宅トラブルに関するニュースが
特集されることがあります。ネット上にも「欠陥住宅」と検索すれば、
多くの被害状況がでてきます。

昔よりも、いろいろな角度からの情報が入りやすくなっているため
本格的に調べるまえに、知識を得ることも可能です。ただし、
建築家からみると、専門知識を持たない人のコメントには、
疑問をもつものもあります。

真偽については、十分に検討する必要があります。

ダイエット方法で、毎日納豆を2パックを食べる方法を捏造した
事件がありましたが、常識を持つ人はそれでは、カロリーオーバー
にもなるし栄養の偏りがあるということを自己判断できましたね。

欠陥住宅も同じことです。

人それぞれ感じ方もあり、施工業者との付き合いもあり、そのトラブルの
解決方法も千差万別です。

残念なことに明らかな違法建築物をつかんでしまって、暮らしに
大きな影響があると思われる場合は、正々堂々と申し出て早期に
解決しましょう。

しかし、テレビ番組などの影響で「うちの床も歪んでいるかもしれ
ない。ビー玉を転がしてみましょう…」程度の判断は安易です。
床の施工精度よりも、明らかにビー玉の中心の方が歪んでいる可能性
の方が大きいからです。

くれぐれも、誇大記事などに惑わされないでくださいね。

しかし、専門家の助言ですら、施工者側を守るためのねつ造だと
思われかねないのが、姉歯事件の影響です。

大きな地震の際に、コンクリートにひび割れができるのは、
ある意味当たり前のことです。そのために、100%「コンクリート造」
という建物はなく、中に引っ張り力に対しての強度を持つ「鉄筋」
を組み合わせて「鉄筋コンクリート造」としているのです。

建物の構造には、一長一短あり、例えば鉄骨造は軽量で強度が
あるので大スパンで、大きなものが作れますが、遮音性能に乏しく、
よく揺れます。

コンクリートで補強すると、強度も増し、遮音性能、保温効果など
もアップする分、ひずみには弱い一面があるので、大きな力がかかると
ひび割れが起こることがあります。

バカに出来ない?住宅業者のカタログ

カテゴリ関連記事一覧

 
Copyright © 2007~2013 一級建築士が話す欠陥住宅対策室. All rights reserved