欠陥住宅を防ぐために

工事現場の作業員


欠陥住宅を防ぐためには、粗悪な住宅を「つくらせない」ことが
いちばんです。

しかし、よほどマイホーム建設に熱心に取り組める方、知識がある方、
時間的な余裕がある方でないと、完璧な『予防』というのは
難しいものですし、現実的には不可能です。

分譲マンションがなぜ売れるか、建売住宅がなぜ売れるか、
ということを突き詰めて考えたらわかるのですが、大手メーカーの商品で
周りと同じものを買っておけば「安心」だという風潮もありますし
結局、専門知識がない素人なのだから、自分のイメージを事細かに
伝えて作りあげる「注文建築」は敷居が高く、出来上がったものを見て
購入する方が、間違いないのだという安心感もあるからです。

建築においていえば、見えない部分の(基礎や土台)工程が非常に
大事です。結果オーライということは、決してありえません。

十分にそれが理解できている施主は、土地選びから慎重になるし、
工事期間中も足しげく現場に通い、極力手抜き工事がおこらないように
目を光らせる努力もできます。

トラブルの中で注文建築が建売住宅よりも、問題が起こる可能性が
低いのは、予防という考え方ができているからでしょう。

しかし注文建築の問題点といえば、建築家との意思疎通がうまくいかず、
イメージ通りの家ができなかったというトラブルが起こるところです。
これは建売住宅ではありえないトラブルです。

どちらを選ぶのかは、個人の自由であり一長一短。
ただし、どちらを選択するにせよ、悔いの残らない下調べをして
おきたいところです。

バカに出来ない?住宅業者のカタログ

カテゴリ関連記事一覧

 
Copyright © 2007~2013 一級建築士が話す欠陥住宅対策室. All rights reserved